読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数理大学生の挑戦

数理大学生が将来世界で大きな存在となるために様々なことに奮闘するブログ

大学生だからこそ株式投資を始めるべき理由・メリット

 

1,資金が少額であること

株式投資を始めるにあたってこれは大きなメリットです。株初心者にとって一番大事なことは「失敗を経験し、そこから学ぶこと」です。資金が少なければ失敗した時のリスクは小さいです。なので大学生のうちに少額での失敗を繰り返し経験し、将来大きい資金を投資した時に大きな利益を得られるようにしましょう。株は経験がものを言います。大学生で株を始めることは将来への一つの投資ですね。

 

ここで例えば社会人でも資金を抑えた投資をすればいいと思うかもしれませんがここで重要なのはいくら投資するのではなく、いくら投資できるかです。少額を投資すると株を始める時に決めていたとしてもそこから順調に株価が上がると人間は「株って案外簡単だ」とか「自分は才能がある」と気づかぬうちに思ってしまい、資金を追加投入する可能性が出てきてしまいます。

 

そして仮に生活費に手を出し、生活に支障が出たとします。大学生なら親の支援が受けらたり叱ってくれたりしますが、社会人にもなると家庭を持ったりと背負うものが大きくなり、学ぶための失敗では済まされなくなります。また大学生と社会人とではお金の価値観が違います。つまり大学生にとっては少額のマイナスでも十分失敗を思い知ることができます。

2.長期休業があること

東証で株の取引が行われるのは祝日を除いた平日の9:00~11:30,12:30~15:00の間だけです。この時間で大学生は空きコマがあったりしますが、社会人だとそうもいかないことが多いのでそもそも取引ができません。

そして大学生は何と言っても長期休業があります。年に4か月ほど休暇があるような大学が多いと思いますが、ここで株デビューをしてグラフの読み取りや、取引の仕方など十分に学ぶことができます。そして長期休業で短期投資、大学がある期間は長期投資と2つの投資スタイルを組み合わせて行えます。

投資用語を使うとすればファンダメンタルズ分析テクニカル分析両方をすることになるので自分に向いた投資スタイル知ることもできます。

3.お金をコントロールする力がつく

株式投資をすると自分の資産が刻々と変化します。するとどうしても自分の資金を管理せざるをえなくなると思います。また、株式投資を行うにってストーリーを描いてそれに沿うことが大事になってきます。すると自然と自分の資金計画を立てるようになり、どれくらい稼いで、消費し、投資するかをコントロールできるようになります

 

私は株式投資を始めてから無駄な消費をしなくなりました。株式投資をすればマイナスになっても経験を得られ勉強になりますので、それよりも価値の低い消費はする気になれなくなったからです。またお金は投資してしまえば株を売らない限り消費に使えなくなりますので自分の消費をコントロールできます。急に大きな資金が必要になることが少ない大学生は消費を抑え、投資にお金を回して運用することができます。

 

4.お金、経済、政治など様々な知識が自然と身につく

株価は政治、経済など様々な社会的な要因によって動きます。自分の資金を投資しているわけですから嫌でも興味を持ちニュースを見たり、本を読んだりするようになります。これは何もきっかけがなく勉強するのとはモチベーションがはるかに違います。また株式投資を始めると税金や法律のことや収支表のみかたなど何歳になっても必要な知識が身につきます。 

大学生が株を始めるなら断然SBIがオススメです、対象銘柄が多く海外のも多く対応しています。また手数料も安いので一生使える口座になります。口座はいくら作ってもただなのでまずはSBIで始めてみましょう。

    ↓   ↓

数理情報系大学生必見!? 数理情報系のオススメ資格まとめ

1.数理・数学系資格 

  • 数学検定(主に学生対象)

これは日本数学検定協会が実施しているもので、学校の「数学」の授業でやるような内容を検定にしたものです。受験生も多くポピュラーな試験です。準一級で高校数学Ⅲまでの範囲で、一級が大学教養レベルなので理系大学生は是非一級(合格率は6%くらい)に挑戦しましょう。これは就職に役立つというよりは自分の勉強に役立つ資格です。

実用数学技能検定について | 実用数学技能検定(数学検定・算数検定)

  • ビジネス数学検定(主に社会人対象)

こちらも日本数学検定協会が実施しているもので、ビジネスパーソンに必要な数学力を測定する検定です。実務に即した形で数学力をシチュエーションに合わせた形で測定するので、こちらは就職に役立てたり、社会人のスキルアップに活用できるでしょう。

ビジネス数学検定 - 公益財団法人 日本数学検定協会 

  • 統計検定

数理大学生に是非オススメしたいのがこの資格です。ビックデータ時代の到来を受けて2011年にできた新しい試験で、受験者数は年々増加していて去年の11月は開始時の約5倍の人が受けました。のちの金融系資格でも統計の内容は出てきますし、この資格は数理大学生のマストスキルではないでしょうか。

統計検定とは|統計検定:Japan Statistical Society Certificate

 

2.金融系資格

数理業務のプロフェッショナルであることを示す資格です。アクチュアリーは欧米では大人気の職業で、保険業界だけではなく様々業界からのニーズがあるのに対して、日本全国に正会員わずか1500人程度です。大学三年生から受験資格があり、7科目すべてに合格して研修を受けることでアクチュアリー会正会員になれます。毎年試験が行われており、その度に科目を選んで少しづつ合格を重ねていくスタイルになりますが、1科目がとても重たく、全科目合格は平均8年はかかると言われています。数理の内容が多く数学系学部出身者が多く取得しています。年収も1000万を超えると言われているので是非目指してみてはいかがでしょうか。

公益社団法人 日本アクチュアリー会

CMAは日本の証券アナリストの資格です。証券アナリストは数理的思考が生かされるので数理系の人にはオススメの資格です。通信講座を受講した後にテスト(1次、2次)に合格し、実務経験を得たのちに正式にCMA会員になれます。一方CFAは米国の証券アナリストの資格です。国際的に大きな権威を持つ海外MBAにも劣らない資格です。しかし、試験は英語で難易度もCMAより高く、3段階の試験と実務経験が必要なため、取得はCMAよりはるかに大変でしょう。

証券アナリスト資格|日本証券アナリスト協会

CFA Institute

CFA®| 資格の学校TAC[タック]

こちらは上記の金融系資格と通ずるところがあるという意味でオススメの資格です。公認会計士や税理士は難易度も高く取得に時間がかかりますが、FPや簿記は級を選べますし割と一般向けの資格なので数学系の学生が金融の世界に足を踏み入れるための資格として取得するのもいいでしょう。また就職でも大いに役に立ちます。

2級FP技能士

簿記 | 商工会議所の検定試験

会計系の資格は非常にポピュラーなので受験者数が多いです。なので格安の対策講座があるのでぜひ利用してみましょう。オススメは格安で自分のペースで学べるeラーニングです。

   ⇩       ⇩

3.情報系資格IPA

IPAとは・・・

日本におけるIT国家戦略を技術面、人材面から支えるために設立された、経済産業省所管の中期目標管理法人たる独立行政法人

https://ja.wikipedia.org/wiki/情報処理技術者試験

つまりIPAの試験は国家試験です。情報技術者としての能力を示すには十分な資格です。

IT技術者の登竜門といわれており、IT技術者になるために最低限必要な資格とされています。幅広い範囲の基本的な知識が試されます。情報系の資格に興味があるのならぜひこの資格から目指してみてはいかがでしょうか。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:基本情報技術者試験

基本情報技術者の上位資格となる資格です。プログラムの開発・設計に携わるために必要な知識とスキルが問われ、こちらもプログラマシステムエンジニア を目指す人には必携の資格です。基本情報処理技術者に合格した人はさらなるステップアップ、そして高度情報処理技術者に向けて挑戦できます。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:応用情報技術者試験

 こちらは高い専門性、難易度を持つ資格たちです。試験で計ることのできる能力としては最高のスキルレベルであり、いずれの試験区分も各技術分野において事実上の国内最難関の試験にあたると言われています。自分の専門性を極めるための資格です。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:試験制度:試験区分一覧

 

数理学生にオススメの勉強法はオンライン講座です。勉強したい時に 自分の興味のあるものだけを受講することができます。大幅値引きもよく行っているので1回試す価値ありです。

        ⇩                  ⇩

4.プログラミング資格

プログラミングを勉強している学生は資格にチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。学生だとなかなか実務経験が得られにくいので資格試験を利用して自分の能力を示せます。また自分の勉強のペースメーカーにもなるでしょう。

  • C言語プログラミング能力認定試験 

C言語プログラミング能力認定試験│資格検定のサーティファイ│あなたのスキルアップを応援します|

  • Ruby技術者認定試験

Rubyアソシエーション: Ruby技術者認定試験制度

認定資格レベル一覧 | オラクル認定資格制度 | Oracle University

 

こちらはプログラミングに特化したオンライン講座で1対1の授業を受けられます。なかなかプログラミングが独学では厳しい!と思った方はまず無料体験で試してみては?

⇩                ⇩

 

4.TOEIC

ここまで来てTOEIC?と思うかもしれませんがTOEICは数理系、情報系、金融系どれにおいてもマストスキルです。私はTOEIC850を持っていますがみんなが知っている資格なのでどこにおいても効果を発揮します。(インターンやバイト、大学などでも)。

 

TOEICのオススメは独学です。なぜなら空いた時間に勉強するのが一番効率的だからです。でもeラーニングなら自分のペースで学べますし、空いた時間(電車など)でもスマホで学べるので大学生や社会人には是非オススメです。

自分の社会的価値を高め、大きな存在となるためには?

 

一つ前の記事で私はこの世界で大きな存在になりたいと言いました、そのために社会的価値を高めることが大事だなと思ったのでそれにはどうすればいいのか自分なりに考えました。

1.専門性を高める

これは要するに希少価値を高めるということです。限られた人にしかできないようなことができ、さらにニーズが多ければその人の社会的価値は自然と上がっていくのではないでしょうか。私の専攻は数理情報系ですが幸いにもニーズは多いといえるでしょう、IoT、人工知能、ビックデータなどなど数理に関する多くのキーワードが今話題となっていますし、将来性もあると思います。数理に携わる人は多いですがその中でも専門性を高めていくべきでしょう。

2.リベラルアーツ

 専門を縦だとするとこれは横のつながりを重視したものであると私は考えます。社会は人やその集団(別の専門や分野)をつないでできたものですので自分の専門だけ極めてればいいというわけではなく、自分の専門があっても社会と繋げられなければ社会的価値を生み出すことはできないと考えます。また専門もしっかり持っていてリベラルな思考ができる人間はそれこそ限られていて、希少価値は高いでしょう。

3.人脈、コミュ力

当然ですが人は一人でできることに限度があります、しかし人と人が協力しあうことで問題解決力は何倍にも高まります。人脈形成をすることで困ったときに互いに助け合うことができますし、ときにいろんな価値観を共有したりいろいろなチャンスを与えてくれたりもします。しかし私は大学では人脈づくりにあまり重点を置かないつもりです。私は今、人に大きな価値を与えられる人間ではありません。なので自ずと形成できる人脈に限りが生まれます。なので今はコミュ力をつけ、将来スムーズに人脈づくりをできるようになりたいです。

4.資産を増やす

 お金はどれだけ社会に価値を提供できたかを表す指標だと考えています。資金を集め、資産を増やすことで経済を活性化させることもできます。なので今はお金を稼ぎ、資産運用を学び、将来のビジネスへの投資につなげられるようにしたいです。

5.生活の質向上

例えばどこかの企業を経営したり、どこかの組織、団体を運営する時には計画やルールを立てて効率を上げるために工夫をしたりしてそれらを健全に循環させて社会的価値を向上させています。ならそれを自分個人に当てはめても同じです。自分で日々のルールを決め、計画を立て、効率を上げる工夫をすることで生活の質を向上させ、それが社会的価値の創出につながっていくと思います。ただ難点としてあげられるのがルールや計画に拘束力がほとんどないことです。そのためこのおブログを利用して少しでも拘束力をつけたいと考えております。

 

 

数理大学生の挑戦 プロローグ

 大学生になってもうすぐ1年になります。自分探しに多く時間を費やした1年間を経てついに具体的な行動を起こすことにしました。そして自分にインセンティブを与えるためにこのブログで記録していきます。挑戦とタイトルにありますがそんなにたいそうなものではありません笑。ただ明確な目標を示し、そこまでの過程を書き上げ、目標が達成できたかによらずしっかりと向き合っていきたいと思います。それよりまず自己紹介を...

 自己紹介

1997年に神奈川県で生まれ現在は19歳のギリギリ大学1年生。中学受験をして国立中学校に通っていたが1年も経たずに父の転勤で中学を中退し、中国で2年半の海外生活を経験しました。国際科の高校に秋入学し、現在は国立大学の数理科学学科に所属しています。大学に入るまでの間は正直遊びつくしていました、中学では中国でやんちゃしてましたし、高校は楽しすぎました。

中学時代

中学のうち2年半は中国で過ごしました、インターナショナルスクールにも現地校にも行っていましたが価値観は大きく変わりました。日本ではありえないことが多く、ここで書けない内容のことがとにかくたくさんありました笑。毎日毎日が新鮮で辛い時期も楽しい時期もありました。語学面ではかなり成長できました。このころにHSK6級やTOEIC690をとることもできましたし、外人と寮生活だったので何よりも相当コミュ力はつきました。

高校時代

僕の通っていた高校は少し特殊でした。国際科の高校であったため帰国子女や留学生、ハーフも含めた外国系日本人がほとんどを占めていてめちゃくちゃ自由な校風でした、制服をいじりまくったり行事の前にはみんなカラフルな髪色になったりと...。しかしみんなが芯の通った常識のあるしっかりものだったのでこんな自由が許されていたのです。ここで高校三年生のハロウィンまでとにかく学校の行事やらで青春を謳歌しまくりました。そして本格的に受験勉強をし始めました。高校では英語ができる人が多かったためほとんどがAO入試早慶上智など私立大の文系学部に進学しましたがそんな中私は国公立の理系大学に進学することになりました(国立理系進学者は僕を含め2人のみでした笑)。

大学1年

大学に入ったばかりの頃は本当に苦しみました、高校での小さな世界ではすぐに注目を浴び、自然に全校で有名になることもできましたし、正直何やっても楽しかったです。しかし大学に入って一気に世界が広がり、みんなが様々なコミュニティーに属し、ほとんどが薄っぺらい関係を構築している気がしてならなかったです。楽しそうに大学を謳歌する人たちを見てサークルにも入り、飲み会にも行ったりもしました。ただ全く楽しくありませんでした。もう自然と受け身で友達ができ、毎日同じみんなと同じ空間にいて、ただのうのうと過ごしているだけで自分の存在を尊重してくれる高校時代はもうやってこないんだと思うようになりました。

 

今の自分と将来の自分

大学1年の後半になって自分はいったい今何がしたいのか、将来どうなりたいのかを考えるようになりました。どうしても高校時代を忘れられず、その小さな世界を出て私の存在はこの社会で果てしなく小さなものであると痛感する毎日です。私はこの世界での存在感を高めたいのだと気付いたのです。将来世界において大きな影響を与えられる人間になるために次の1年から自分の価値を高める具体的な行動をしていきます。