読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数理大学生の挑戦

数理大学生が将来世界で大きな存在となるために様々なことに奮闘するブログ

自分の社会的価値を高め、大きな存在となるためには?

 

一つ前の記事で私はこの世界で大きな存在になりたいと言いました、そのために社会的価値を高めることが大事だなと思ったのでそれにはどうすればいいのか自分なりに考えました。

1.専門性を高める

これは要するに希少価値を高めるということです。限られた人にしかできないようなことができ、さらにニーズが多ければその人の社会的価値は自然と上がっていくのではないでしょうか。私の専攻は数理情報系ですが幸いにもニーズは多いといえるでしょう、IoT、人工知能、ビックデータなどなど数理に関する多くのキーワードが今話題となっていますし、将来性もあると思います。数理に携わる人は多いですがその中でも専門性を高めていくべきでしょう。

2.リベラルアーツ

 専門を縦だとするとこれは横のつながりを重視したものであると私は考えます。社会は人やその集団(別の専門や分野)をつないでできたものですので自分の専門だけ極めてればいいというわけではなく、自分の専門があっても社会と繋げられなければ社会的価値を生み出すことはできないと考えます。また専門もしっかり持っていてリベラルな思考ができる人間はそれこそ限られていて、希少価値は高いでしょう。

3.人脈、コミュ力

当然ですが人は一人でできることに限度があります、しかし人と人が協力しあうことで問題解決力は何倍にも高まります。人脈形成をすることで困ったときに互いに助け合うことができますし、ときにいろんな価値観を共有したりいろいろなチャンスを与えてくれたりもします。しかし私は大学では人脈づくりにあまり重点を置かないつもりです。私は今、人に大きな価値を与えられる人間ではありません。なので自ずと形成できる人脈に限りが生まれます。なので今はコミュ力をつけ、将来スムーズに人脈づくりをできるようになりたいです。

4.資産を増やす

 お金はどれだけ社会に価値を提供できたかを表す指標だと考えています。資金を集め、資産を増やすことで経済を活性化させることもできます。なので今はお金を稼ぎ、資産運用を学び、将来のビジネスへの投資につなげられるようにしたいです。

5.生活の質向上

例えばどこかの企業を経営したり、どこかの組織、団体を運営する時には計画やルールを立てて効率を上げるために工夫をしたりしてそれらを健全に循環させて社会的価値を向上させています。ならそれを自分個人に当てはめても同じです。自分で日々のルールを決め、計画を立て、効率を上げる工夫をすることで生活の質を向上させ、それが社会的価値の創出につながっていくと思います。ただ難点としてあげられるのがルールや計画に拘束力がほとんどないことです。そのためこのおブログを利用して少しでも拘束力をつけたいと考えております。